アイデアのつくり方

アイデアのつくり方 帯に書いてあるとおり60分で読める。割と良書。 この本のポイント 第一 資料集め  諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵を     たえず豊富にすることから生まれる資料と。 第二 諸君の心の中でこれらの資料に手を加えること。 第三 孵化段階。そこでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの     仕事をやるのにまかせる。 第四 アイ…

続きを読む

クロサギ11巻

クロサギ 11―戦慄の詐欺サスペンス (11) 抱いて抱いて抱いてセーニョリータ♪ 詐欺の手口が結構ね。勉強になる。 話の構造としては仕事人や仕掛け人だよね。 そこに詐欺というより日常に近い物を絡めて読者の共感を呼ぶ。 今回のネタは化粧品、中小企業の資材と裁判、そして生命保険。 面白いし詐欺にかかりそうなお年寄りにも読んで欲しいね。

続きを読む

シフト2巻

アマゾンから届いて三日目には読み終わっていたが、余韻を楽しんでいるうちにかなりたってしまった。 モヒカン族だからかな?倒される運命の者に共感しちゃうのは。 とにかくラケルかっこいい。がんばれ。そんな感じ。 一巻読んで一番感じていたシェヘラザ関係はかなり薄く、もっと後の巻になりそう。 ということはシリーズかなり続くって事じゃん。やったね。 え?内容?読めば解るよ。面白いから読…

続きを読む

未来日記

未来日記 (2) 途中までは萌え展開ですよ。でも かわいいのにストーカーという痛いヒロインの知りたくない設定オープン! ユッキーに不信感フラグ。 さてどうなるのだろうか? そして続くw 正義の味方は格好も重要ですね。 内容はというと。 予知能力者同士のバトルロワイヤルです。以上終わり。 サクサク人を殺せるヒロイン萌え~? キャラクターの行動を制限する道具としての未…

続きを読む

うわちゃあ 藪蛇っつーか

なんか早朝に書いたら必要以上に慌ててるのでちょっと編集。ちともちつけ俺 ネットで調べ物してたら事前に知っておくと防衛できるけど、関わった後で知ってもあまり幸せにはなれない知識がまた増えてしまったですよ。 郁雄/吉武さん少し凹んでいるようなので知らせるべきかどうか迷うが、知った上で関わっている可能性もあるし、その上で出版を決めたのだと思いたいが・・・。 レビューでも出版という言葉から受ける印…

続きを読む

レビュー献本その6

Astronaut.jp 郁雄/吉武さん頑張っておられるのですがそれを見てなぜか今週のオイラの占いを思い浮かべてしまったわけですよ。 ジョナサン・ケイナーの星占い > あなたは何をするにしても「苦労するやりかた」を選ぶタイプなのでしょうか?そんなことはありません。往々にして「苦労するやりかた」が唯一「うまくいく方法」なのだから仕方ありません。そのため、あなたは知らず知らずのう…

続きを読む

医療崩壊 立ち去り型サボタージュ

こどものもうそうblog で紹介されていたので興味をもち入院中に読みながらイロイロ考えた。 まず医療ってのは未完成な技術であり、治療行為は体に少なからずダメージを与えるという事実。やはりみんな解らないよね。日常生活には支障ないが、たぶん残りの一生つきあわなきゃいけないような怪我して手術とかそれに付随する治療とか、車いす乗ったりリハビリしたり。同じ病室で残り長くなさそうな人と一緒になっ…

続きを読む

レビュー献本 その5

Astronaut.jp あ~郁雄/吉武さん あまり真剣に受け取りすぎちゃダメですよ。 こっちは他の小説と比較するなんてかなり失礼な事やってるわけですし。 読者の感想や意見に振り回されすぎて作者らしい者が書けなくなったり、新作が読めないってのは作者も読者も誰も得しないですから。 小説家なら「外野がなんと言おうとオレはオレの書きたいものを書く!」くらいで問題ないと思います。6年もかけ…

続きを読む

レビュー献本 その4

実際には本の内容とはそんなに関係無かったりもするんだが。 レビュー献本という企画に付随する雑感的なモノをグダグダと 他にも今後の展開に対する感想的なものも書いていくと思う。 クイックハルト読んで思い出した昔読んだ本が 「電脳天使」朝日ソノラマ文庫「彩院忍」4巻で完結 人間をデータ化したとすると、それはAIとどこが違うのよ?とか 自分が天才ハッカーだとして人間と変わらない位のA…

続きを読む

Aの魔法陣

。 小説をたくさん読む人、書く人にやってもらいたいゲームなんだよね。 TRPGなんだけどストーリー作りの力が鍛えられる作りになってる。 人はどういうところに感動するか、どういう展開を期待するか。そういうことがわかるようになると思うんだよね。オリジナルの世界観でゲームすればリプレイとして出版も出来るし、小説にリライトするのもゼロから一人で書き上げるよりは効率良くなると思う。 この手…

続きを読む

レビュー献本 その3

Astronaut.jp オイラのレビューらしきモノ?が紹介されたですよ。 郁雄/吉武氏の勇気に感心したわけですよ。 そして他の人たちのレビューを見て、なるほど書評ってこう書くのねとまた感心ですよ。 オイラのスタンスは本の売り方としてレビュー献本という企画を参加者の視点から眺めてみるって事にあるので書評というよりはより売れるようにするにはどうしたらいいかという分析っぽいモノにな…

続きを読む

レビュー献本 その2

クイックハルト読了 十代後半がターゲットってことで想定年齢からはかなり外れてるわけですが。 事前情報として基本的にオイラは殺伐とした物言いをするモヒカン族で、しかも人間はモノの良い部分よりもまず足りない部分に目がいきやすい生き物だというのを理解しておいて欲しいわけですよ。あら探しをしたいんではなく、次に必要な情報を提供するって事で。 で、読了後の感想としてまず、全体的にそつなくまとまっ…

続きを読む

ゲームシナリオライターの仕事

これも入院中に読んだ良書。 要するに人を感動させるための仕掛けの作り方と考え方を学ぶきっかけとして最適だと思う。行間を読ませるテクニックなんてのもおぼろげながらつかめるかも。 これと同時にテレビアニメのシナリオ、シリーズ構成なんて言う仕事も比較しながら読み進めると得られるモノが増えるような気がw ミンキーモモとかアニメポケモンのシナリオライターさんのシナリオ講座 シナリオえーだば創作…

続きを読む

ココロでわかると必ず人は伸びる

人にモノを教えるのはむつかしいなぁと改めて思う。 入院中に読んで結構目から鱗が落ちた気がするけども、 実行できているかというと出来てないね。 基本がモヒカン族で、人に好かれるなんてめんどくさいだけで良いことなんかねーよってスタンスだからかなぁ。人を感動させるための心構えとテクニック、実例を交えた考え方がわかる良書だと思う。愛があるのが基本。 感動させるテクニックはゲームやシナリオ、小説に…

続きを読む

レビュー献本 その1

本届いたですよ。 郁雄/吉武さん行動早いっすね。 30日にメールしてその日のうちに発送しましたって連絡あり、本日到着。 お、しかもナンバー付きのサイン本じゃん。 ざっとプロローグと三章分106ページまで読む。明日までには読み終わるかな? ここまでの感想で言うと、華麗なる契りの最後はグッとキタですよ。 あと、ネット世界だのバーチャル空間だのは慣れてるけど、 この段階ではな…

続きを読む