シフト 世界はクリアを待っている 3巻

ハードカバーの続きを待っていたのだけれど、文庫版でリスタートということらしい。とりあえず2巻読んでみて大きく変更点は無いようなので3巻読んだ。やっぱおもしれ~わ。

この巻では1巻と2巻で描かれた争いの切っ掛けとなる大きな事件が描かれる。そしてもしかしたらシフト世界の根幹を描いているのかもしれない。

顔はよく見えなかったが、それでもわかった。
彼女たちには、好きな人がいるんだと。
好きな人のため、彼女たちはこの『柱』の前に集っているのだと。
最愛の人を勇者にするために。
魔王になんか、させないために。
なかでも一人、ずんずんと、『柱』に近づくやつがいる。
そいつの前に、あたしは立ちはだかり、思う。
ああ、こいつは気に食わない。こいつとだけは、あわない       
だからあたしははっきりと、宣言する。
「あんたにだけは、負けない」と。
相手も、不適に笑っていい返す。あたしだって同じだと。


やっぱり物語ってハッピーエンドがいいよね。そしてこの巻を読み終わって物語の中心にある大きな闘争にも和解の、ハッピーエンドへの希望の光が見えた気がした。

ネットゲーなんかやる人達には是非とも読んでもらい本だね。文庫版になってより手に取りやすくなったかと。そして順調に続きが出版されることを希望して。

とりあえず続きが出るまでの繋ぎとして同じ作者の旧作を読み進めている悪魔のミカタ4巻まで読んだ。なんていうかこの作者うえお久光は頭の良いキャラクターを書くのが上手いなぁ。きっとこの人も頭が良いんだろうなぁなんて思ってしまうくらい展開の予想をことごとく裏切られて「やられた~」と素直に思えるすっきりとした読後感があるな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック