Wii MotionPlus

E3メディアブリーフィングの映像が公開。ま、特にサプライズはないんだけど順当かな~ってかんじで。日本よりもWiiFitなどの発売が遅かった北米ではそこそこ良いスケジュールなのかもしれないけど日本ではインパクトのない中だるみの一年になりそうな。
E3プレス発表

Wii MotionPlusの中身はInvenSense IDG-600 多軸MEMSジャイロセンサー Engadget Japanese

ジャイロスコープ - Wikipedia

任天堂E3プレスカンファレンス開催~WiiSportsResortやWiiMusicも発表 わぱのつれづれ日記

結局Wiiリモコンがうたっていた直感的なゲームプレイは今までの機能では不十分だったということだよね。でもそれをきちんと認めて、宣伝文句をきちんと実現しようとする姿勢は任天堂らしくて好感がもてる。これまでのゲーム業界なら嘘を貫こうとしたりしてもおかしくはないからな。社会に信用されるゲーム会社というブランド作りには成功しているよな。

「モーションセンサー」ってどんな仕組みなの? (1/2) ITmedia

【TGS2007】「ゲーム科学館」でWiiリモコンが動く仕組みをチェック! iNSIDE : Nintendo

Wiiリモコンのモーションセンサーでも傾きは検出できるんだけど、あくまでも加速度センサーなので激しく動かすと重力の検知が難しくなって狂う感じなんだよね。その場合はセンサーバーをカメラで補足して補正している。なのでずっとセンサーバーに向けないままで振っていたり、日光が当たる場所でプレイしてその光をセンサーバーと誤認識しちゃうような場合だとまともな操作はできなくなる。

マンマシンインターフェイスの一つなんだからその特徴を理解しつつ使うなんてのは当たり前なんだけど、それを意識しつつ使うというのは結局直感的な操作に、機械が正確に認識するように動くようにするという余計な手間が加わって没入感を阻害してしまう。
Wiiで新たに取り入れた顧客層は直感的な操作という部分に惹かれた機械に弱い層が多くいるのでWiiリモコンの持ち方が悪くて、リモコンをボタンが横に向くように持って腕を縦に振ってゲーム中では横振りとして認識されるなんて事も割と良くある。わかっていても激しい動きを連続して行うようなゲームだと体が勝手に動いたりなんて事も良くある。センサーとかの仕組みがある程度わかる人間からすれば原因は明確なんだけど、その辺が弱い層からすればあくまでもコントローラーの性能が悪いとしか思えない状態な訳だ。

Wii MotionPlusで傾きを検知してモーションセンサーと組み合わせることで機械のほうでそういう人為的ミスを勝手に解決してくれることが真に「直感的な操作を実現する」ということなんだろうね。

Wiiの上位機には標準装備されるだろうしWiiリモコンver2なんかも出るかもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック