中国のすぐにばれる嘘

朝日 「中国はチベットの虐殺をやめろ、と日本が中国に言うべき」 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww

【チベット大虐殺】 中国側 「死者はすべてチベット暴徒によるもの。中国側は武力弾圧してない」「暴徒は警官の肉をはいだ」  痛いニュース(ノ∀`)

中国のメディア規制もだんだん意味をなさなくなってきた。真実を知ったときに中国国民はどういう対応を取るんだろうか。

チベット騒乱は中国崩壊の始まりか?


中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像


シナ人「チベット侵略は中国の国内問題だからお前ら関係ないアル」


中国は変わった方法で自国民を処刑するあるよ



太平洋戦争の開戦前、経済封鎖された日本国に対し、
チベット政府から大量の羊毛が送られてた
来ました。その理由はただ、
「同じ仏教国が苦しい思いをしているから」
でした。
戦争突入後、チベットは一貫して中立を守り、日本との
国交は変わらず続けられていました。当時の日中戦線において、
中国はアメリカから武器弾薬等をビルマ経由で輸入していましたが、
このルートが日本軍によって絶たれた後、連合軍側はヒマラヤ越えの
チベット・ルートを開こうとしました。しかし、先代のダライ・ラマ13世は
あくまでも中立を貫き、アメリカ大統領特使の強硬な
要求にも断じて応じませんでした。
このあまりにも理想主義的な外交が、やがてチベット国に
悲劇をもたらす結果となりました。
1945年8月15日・・・日本の敗戦です。
日本との国交を継続していたチベットは、なんと国際舞台で
「敗戦国扱い」をされるようになってしまいました。
その後、戦勝国によって「国連常任理事国」が結成され、
中国もそのメンバーになりました。これが更なる悲劇の幕開けでした。


隠蔽されたチベットの真実


チベット - Wikipedia

関連記事 中国の内乱

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

胡錦涛をチベット国旗で歓迎しよう
Excerpt: 胡錦涛をチベット国旗で歓迎しようぜ! アルファルファモザイク 支持率低いとはいえ国のトップが親中、媚中な以上国民の意思を表現するためにはこういった手段しかないよな。というか歓迎なんかしない。日本にくん..
Weblog: むぅにぃの駄文戯れ言
Tracked: 2008-03-22 18:09