法務省もおかしくなってるのか?

自分の幼少時の写真も児童ポルノに該当するようになるらしい アルファルファモザイク


民主党の会議では「もし、30歳の女性が子供の頃に撮影したヌード写真をブログにアップした場合、児童ポルノとして処罰対象になるのか? 仮に、そうであれば一体誰の人権を侵害したことになるのか?」と質問しました。


これに対して、法務省は、「子供の人権を侵害したとして処罰の対象になる」と回答しました。そこで「成人の女性が、自己決定で公開したものが誰かを傷つけていることになるのか?」と聞いたところ「本人は傷ついているハズです」と答えるのです。


そこで、若い夫婦がブログで行っている育児日記で子供の裸の写真をアップした場合はどうなのか?と尋ねたところ「児童ポルノにあたらない」といいます。性欲の対象は多様でペドファイルの目から見れば刺激を受ける可能性もあるわけですが、法務省はそれらの判断は裁判官が一般の社会通念を加味して行うものだというわけです。


馬鹿じゃないの・・・判断がまるで逆だろう。本人の幼少期を本人が判断するのは何の問題もない。子供の情報を親が勝手に公開してしまうのは問題があるだろう。基本的には親は子供を守る存在だけれど、それでも愚かな親はいなくならない。

子供の人権はいつ発生して、親が子供の人権を本人の代わりに守るのはいつまでで、子供が親に対して自らの人権を主張できるのはいつからか?いろんなケースがあるだろうから一概に決めるのは危険だろうけれど議論はしておかないとな。

親が(そうとは知らずに)子供の人権を侵害するケースはいくらでもあるだろう。

危険性はこのフィクション読んで想像してみればいい。
『"Over The Rainbow" ~十億アクセスの彼方に~』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

叶姉妹の禁断の私生活
Excerpt: 叶姉妹の禁断の私生活 恭子いわくイケメンを使って人間チェスをやったり一晩に6人の男性を相手に出来るなど話題にかけての発言は凄い! そんな彼女たちのプライベートを番組が隠し撮りして..
Weblog: tkのブログ
Tracked: 2008-03-17 22:14