「Fate/Zero Vol.3-散りゆく者たち-」

一気に読み終わった。 Fateで描かれている川に沈む切断された船のエピソードを中心にすすむ第三巻を一言で表すなら、Fate/Zero Vol.3のあらすじ紹介 「ごめん、うそついた」 アキバBlogで書かれているように「いじめられっこセイバーついにキレる」ではなくて、 「落ち着いて読んだらずっとキリツグのターン」が間違いなく的確w
セイバーはいまだいじめられ続けているし、これはこの聖杯戦争が終わるまで変わらないだろうなぁ。そんな 衛宮 切嗣 を端的に表しているのがこの台詞。

「ほら、これだ。      聞いての通りさアイリ。この英霊様はよりにもよって、戦場が地獄よりもマシなものだと思っている。
 冗談じゃない。いつの時代も、あれは正真正銘の地獄だ。戦場に希望なんてない。あるのは掛け値無しの絶望だけ。敗者の痛みの上にしか成り立たない、勝利という名の罪科だけだ。
 その場に立ち会ったすべての人間は、闘争という行為の悪性を、愚かしさを、弁解の余地無く認めなきゃならない。それを悔やみ、最悪の禁忌としない限り、地獄は地上に何度でも蘇る」
「なのに人類はどれだけ死体の山を積み上げようと、その真実に気付かない。いつの時代も、勇猛果敢な英雄サマが、華やかな武勇譚で人々の目を眩ませてきたからだ。血を流すことの邪悪さを認めようとしない馬鹿どもが余計な意地を張るせいで、人間の本質は、石器時代から一歩も前に進んじゃいない!」


この台詞通りにカッコイイ争いを好む英雄サマ達を争いの存在すら許せない切嗣が無駄なく的確にバッサバッサと屠っていく。絶対に幸せになれない愚か者の悲しい話。
誰よりも争いが上手いのに、その争いで救われた物もいるのに、敵の死すら悲しくて 争いの存在を許せなかった優しすぎる馬鹿 自分一人で悪を背負い消えゆく定めを受け入れた悲しい男。

第一期の最後で自分の積み上げてきた物のほとんどを失ったルルーシュとちょっとオーバーラップした。FateZeroにはこのあとFateというハッピーエンドが待っているので、コードギアスの2期もどん底からはい上がる話になりそうな気がするけれど。

話がそれた。負ければ即ゲームオーバー 勝てば勝つほどにその手から幸せがこぼれ落ちる。そんなバッドエンドに繋がる伏線が張り巡らされた、ハッピーエンドに繋がる選択肢は皆無のゲーム。そんな中でも最善を選んで納得して死ぬ方法がわかるかもしれないw

▽Fate/ZERO公式通販サイト
    https://shop.digi-goods.com/fatezero/

関連記事
平和の温故知新@はてな - 「Fate/Zero」の発売スケジュール見直し 3巻は7月28日発売に
ライトノベル「Fate/Zero」第3巻と第4巻の発売延期  にゅーあきばどっとこむ

Fate/Zero 公式

Fate/Zero - Wikipedia
情報充実しているけれど、ややネタバレも含むのでまだ未読で楽しく読みたい人は注意。3巻読む前の復習として便利かと。


フェイトタイガーころしあむ 公式
PSP版のディフォルメキャラの対戦格闘ゲームということでこちらも期待出来そう。プロローグ見ると花札的なノリですね。
「虎聖杯」を巡る笑(?)撃の乱闘アクション『Fate/タイガーころしあむ』見参!  電撃オンライン
スクリーンショットみるとねんどろいど風のキャラでかなり広めのフィールド移動もある感じ。

TYPE-MOONオフィシャル

Fate/Zero2巻発売 アキバはこんな感じ アキバBlog
Fate/Zero 「Vol.1おさらい」と「Vol.2あらすじ」を一言で アキバBlog
他にもこういう販売形態にした経緯とか。買う方としてはアマゾンで扱ってくれるのが一番ラクで良いんだけどな。まあ作り手にポリシーがあるというならそれは良いことだと思う。

Fate関連記事 ゲーム
Fate関連記事 本


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック