コードギアス 反逆のルルーシュ

総集編よりもメールマガジンや公式サイトの方が面白い情報追加されているのでメモ。ルルーシュの母親の過去と関連してルルーシュがナイトメアフレームの操縦できちゃう理由的なモノが。

まずはメルマガQ&A

Q 騎士候という階級が出てきますが、これはどういうものでしょうか。

A ブリタニア帝国にあっては、貴族と平民の間に明確な区別があります。しかし、一定の条件(めざましい業績を上げる等)の元で、一代に限り貴族の特権を与えられる場合があります。それが騎士候です。具体的にいうと、平民でもナイトメアフレームの騎士に選ばれれば、騎士候となることができます。
ルルーシュの母マリアンヌは、開発段階のナイトメアフレームの操縦を担当し、それにより騎士候に選ばれたのです。
また騎士候は、軍の階級とは別のものになります。


そしてナイトメアフレーム開発史

第三世代ナイトメアフレームを代表する機体としては「ガニメデ」が広く知られている。ガニメデは、アッシュフォード財団の主導の下、開発が行われた機体である。
そのパイロットは騎士候として取り上げられ、ブリタニア皇帝の皇妃の一人となった。だがその後、このパイロットの死亡に伴い、ナイトメアフレーム開発におけるアッシュフォード財団の発言は低下。同財団に近い研究開発者の一線からのリタイアという事態も招くことになった。
この一連の事件は、ナイトメアフレームという新たな利権に対して、アッシュフォード財団の勢力が拡大することを牽制する、政治的暗闘の結果という憶測も流れた。だが、その真実は未だ明らかではない。


なるほどねぇアッシュフォード家がナイトメアフレームの開発に関わってたのね。ロイドさんがミレイさんとお見合いしたのもその辺と関連してるのかもな。そして母親がテストパイロットでしかも皇子ならルルーシュがその現場にいて操作を覚えたりなんてのもそんなに違和感はないな。ためしに乗せてみておべっか使うなんてブリタニアじゃ良くありそうだ。ルルーシュ専用機はアッシュフォード財団が復権を賭けて極秘裏に開発した機体だったりしたら燃えるねぇ。母親はコーネリアに好かれていたなんてのもうなずけるねぇ。今のコーネリアっぽい人だったのかな?

あと、母親が殺された理由に他の皇子、皇女は関係なくて、ナイトメアフレームの開発機関をつぶして調べてみたら復讐完了しちゃってた・・なんて可能性もあるのかw


ギアス関係のブログやサイトを探すならこちら コードギアス検索サーチ 「ギアスサーチ(GEASS SEARCH)」
コードギアス 反逆のルルーシュ - Wikipedia情報がかなり充実してきたねぇ。今まで見逃していた人もこれ読めばだいたいOK
BIGLOBEストリーム 第17話 騎士 配信開始 総集編8.5話を無料配信中
過去の話数を見るならこちら 1話¥105
スタッフ公式ブログ
谷口悟朗監督Wiki
監督の前作ガンXソードもGYAOで公開中 

webラジオもあるよ。
コードギアス はんぎゃく日記萌からは最も遠い番組らしいよ。
コードギアス 反逆の山々萌えを目指していくらしい?w
アマゾンコードギアスショップ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

Butalbital.
Excerpt: Butalbital order. Snort and butalbital. Butalbital. Generic butalbital. Purchase butalbital.
Weblog: Order butalbital.
Tracked: 2009-02-12 15:29